社長ブログ

社長ブログ

改めて新規開拓営業の重要性を認識

2017年2月23日

とある年商30億規模の会社が、1年で20億程の売上になり年間数億円の赤字を出して業績不振に陥り会社都合の人員整理を実施した。 理由としては、年間10億近い取引があった得意先の担当者が辞めて、売上が一気に1億弱まで下がったのが原因だ。 その話を聞いてやはり企業にとって新規開拓営業は絶対的に必要だと再認識した。特に中小零細企業は新規営業を緩めたら未来は無い。 長く取引をして頂けるお客様の為にも、常に新規のお取引先を増やし続ける事が必要不可欠。結果的に既存のお客様に対しても余裕を持って対応する事ができると思う。 引き続き事業活動における一番辛いと言われる新規開拓営業を低価格・明朗会計でご提供し...

2月1日から成果報酬型採用支援事業開始しました

2017年2月15日

今年の2月1日から正式に新規事業として厚生労働省の許認可を頂き有料職業紹介事業を開始しました。 背景としては、弊社の営業支援事業にてお取引をさせて頂いてるお客様の人材採用ニーズが急速に高まっており、弊社に対してご依頼が増え続けてる為です。 どんな事業でも、他社との差別化・ターゲットが明確化されてないと厳しい。 今の所弊社は数百社以上の営業支援でお取引してる企業様の経営陣との繋がりがありますので、このネットワークを活かして弊社独自の切り口での採用支援サービスを提供していきます。 今後は成果報酬型営業支援+採用支援の両軸で、多角的にお客様にサービスを提供していきます。  

外国人労働者初の100万人突破

2017年1月29日

日本で就労する外国人の数が2016年10月末時点で100万人を突破したとの事です。人数でいうと108万3769人。 2015年度から1年間で10万人増との事です。 内訳は留学生が8割増加・技能実習生が3割増加・高度人材が3割増との事。 政府の発表によると平成28年11月時点での日本の就業者数は6452万人。雇用者数は5758万人。 日本における外国人労働者は貴重な戦力です。日本だけでは無く、隣の韓国は15年5月時点で93万8千人・台湾では59万人の外国人労働者がいるとの事。外国人採用の争奪線は既に始まってます。 日本で働く事が外国人労働者にとってメリットがある・頑張れば彼らの夢が叶う・ジ...

複数の準一流を磨く

2017年1月25日

元読売巨人軍の桑田真澄氏に関する文章をたまたま目にしました。 PL学園に入学した当初は全く力が通用せず、猛練習を重ねても周りとの差は縮まらず、監督から野手への転向を指示されボール拾いの毎日だったそうです。 そこから、桑田選手は身長・パワー等どうにもできない事は諦める。自分でできる事は、ピッチャーとして相手の癖や傾向を研究しようと結論を出します。それから、相手の表情からバッター心理を読み取り、相手を打ち取るコツを身につけようと決心。そこから球拾いの毎日だったのが、ある日ライトからの返球をコーチに見出され、特訓を受け、レギュラーになり1年生で甲子園優勝投手に。それからは皆が誰も知る大投手へ。...

2017年度 年頭のご挨拶

2017年1月6日

明けましておめでとうございます。新春を迎え謹んでお慶び申し上げます。 今年は1月5日からの始業となりました。本日からまた1年間取引先の売上向上・繁栄・成長の為に全身全力で業務に取り組んでまいります。 今年はメインの成果報酬型営業支援事業を切り口に、営業・販売に付随する領域にも事業展開していきます。 主にベンチャー・中小企業のオーナー社長・経営者様から直接依頼を頂き営業代行・営業支援を手がけてきた8年間の財産(取引先様・営業ノウハウ)を活かして、成果報酬型のサービスを拡販していきたいと思います。 また社内に関しては、業界最高水準の給与・評価制度・従業員満足度の追求・労働環境の整備を引き続き...

ミネルバ大学

2016年12月26日

先週の週刊東洋経済にて米国のミネルバ大学が特集されていました。 初めて知りましたが、この大学凄いです。ミネルバ大学は2014年に開校 学生数は恐らく数百名 米国の大学でハーバードよりも難関:合格率1.9% キャンパスは無くて授業は全部オンライン 授業映像は全て録画・生徒の顔が一覧で見える・発言全てが記録されて評価される 詰め込み式の授業は一切無し 学生は寮で共同生活で4年間世界7都市を渡り歩く。7都市に寮がある。 学生の77%は非米国籍・アジア圏が77% 学生一人につき118項目の学習目標が設定され全項目を評価され成績が決まる。 学費が年間で110万 ※ハーバードは年間517.8万 ...

土日祝日休み・残業無し

2016年12月20日

年内の営業活動も残り5営業日程ですね。 この半年間土日祝日全て休み・残業も一切無しにしました。とにもかくにも労働環境を整えて働く方達が長く働いてる貰える環境を整えようと本気で取り組んでます。そうしないと生き残っていけません。働く人が資産である事は間違いありません。 その結果生産性は過去よりも良くなったと思います。 私は、社員では無いので残業・休日という概念も無く、いつ何時でも働けますが、これはこれ。好きでやってるので良いのです。  社員さんは別です。皆が長く働いて貰える様な会社にする為にも営業活動しましょう。 年内走り抜きましょう。

日本は中小企業によって支えられてる

2016年11月18日

東京商工会議所会頭三村 明夫さんによると ・全国382万社の99.7%が中小企業 ・日本の雇用の7割・所得税の4割・社会保険拠出の4割を中小企業が担ってる ・直近5年間で約40万社が消滅。(420万社⇒380万社 約9.5%)※倒産は僅かで大部分は何らかの原因による廃業 ・中小企業の課題は人手不足・生産性向上・事業承継への対応 中小企業が日本を支えてると言っても過言ではありません。中小企業のお客様に価値あるサービスを提供する。手軽に・リスク無く・それでいて質は良い・費用対効果が高いねと中小企業の皆様に喜んで貰いたい。 その為に日々全社一丸となって成果報酬型の営業支援サービスの質の改善をし...

ランニング

2016年10月24日

本格的に今年の8月から10数年振りにランニングを始めました。 人間の体とは面白いもので、最初は2キロ走るのもやっとで、体力不足を痛感しましたが、最低でも週2回走る事を心がけていくと、徐々に距離でいうと4キロ・5キロ・6キロと走れるようになり、2ヶ月たった今では一日に8キロ程走れるようになりました。 ランニングは僕にとって良い事しかありません。体も絞れますし、頭も冴え渡りますし、生活も規則正しいリズムができます。今では週3日は走らないと気持ちが悪いので週末と平日1日は必ずランニングをしてます。 今後も一生涯ランニングを習慣化したいと思います。

勢力について

2016年10月22日

社会心理学者のジョン・フレンチとバートラムレイブンという二人が勢力について6つの分類をしてるのですが、これがとても参考になります。 ①報酬勢力 AはBに対して報酬を与える力を持ってるとBが考える ②強制勢力 AはBに対して罰を与える力を持ってるとBが考える ③正当勢力 AはBの行動を決める正当な権利を持っているBが考える ④準備勢力 BがAに対して魅力を感じAと一体でありたいと考える ⑤専門勢力 Aは特定分野で専門的な知識や技術をもってるとBが考える ⑥情報勢力 Aの知識や情報の伝達が集団の外にいるBに影響を及ぼす   会社として競合他社に勝ち続ける為には、全社員が一枚岩となって勢力を保...