社長ブログ

社長ブログ

中高年層の採用成功

2016年7月18日

7月も中盤。久々の更新になります。 数ヶ月前から営業職で40~50代中盤の方を何名か採用しましたが、これが大当たり。彼らのパフォーマンスには驚いております。元々営業職を経験してる方のみを採用してますが、非常に良いパフォーマンスを出してくれてます。 特に・精神力・やる気・持続力が素晴らしい。何より家族がいる人は守るべき存在の為に仕事頑張りますよ。今後も積極的に年齢層が高い方達を採用していきたいと思います。 クライアントさんから血が滲む思いで稼がれた大事な大事なお金の一部を弊社に割いてもらってるという事を全社常に意識して今月も最後の最後まで突っ走ろうと思います。  

盗人にも五分の理を認める。

2016年5月13日

盗人にも五分の理を認める。これ非常に重要な事ですね。 デールカーネギの人を動かすから抜粋です。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 大勢の人を殺した凶悪犯が処刑される際に「自分の身を守っただけの事で、こんな目にあわされるんだ」と嘆きました。 人間は例え自分がどんなに間違っていても決して自分が悪いとは思いたがらないし、更に自尊心を傷つけられた相手は反抗心を起こす。 人を非難しても、あら探しをしても得るものは少ないので、それよりも理解するように努めるべき。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 私自身今年からこの盗人にも五分の理を認めるという事を非常に意識をして...

在日外国人に関して

2016年5月12日

今週の週刊エコノミストに在日外国人に関する興味深い記事があったので抜粋します。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ・昨年末の日本の在留外国人数;約223万人と前年比5.2%増;今年3月の法務省発表 ・留学生と技能実習生が伸びており、外国人労働者(アルバイトする留学生も含む)は昨年10月末に約91万人で過去最高。 ・在日外国人比率;中国人;3割・韓国人;2割。昨年の中国人留学生数が9万4千人・韓国人留学生数が約1万5千人  ※2年前に比べて留学生が中国が約4%・韓国が約12%減 ※日中・日韓関係の悪化や原発の影響 ・中国人の技能実習生も日中韓の賃金格差縮小で日本...

訪日外国人

2016年4月8日

最近弊社でも訪日外国人向けサービスを展開してる企業様と成果報酬型営業支援サービスの契約を締結しましたので、訪日外国人について簡単に調べてみました。 ■訪日外国人の年間旅行消費額:3兆4771億 2015年度 ■訪日外国人旅行者総数;1973万7400人 2015年度 ■内訳;中国499万人 韓国400万人 台湾368万人 香港152万米国 103万人 オーストラリア 37万 イギリス25万人 カナダ23万人 フランス21万人 ドイツ16万人 イタリア10万人 スペイン7万人 ロシア5万人 その他 85万人 タイ79万人 シンガポール30万 マレーシア30万 フィリピン26万 インドネシア...

どうにもならない事への対策

2016年4月2日

会社を経営してると、自分の力ではどうにもならない事が時に起きます。超大口の取引先が倒産した・大震災等が起きて営業ができなくなる等。 そんな事態が発生した時に為す術もなく倒産するという訳にはいかないのです。 何が起きても生き残れる会社。すなわち現金を持ってる会社。未来永劫毎年毎年税引き後の利益を数千万円残し続けられる保証はありません。勿論そこを目指しますがどうにもならない事が長く経営してればいつかは起きます。 そんな時の為にやはり金融機関からの借入+最後は個人の資金調達能力の確保は絶対的に必要です。 自己資金のみで会社を経営して、どうしようも無い事が起きて資金不足に陥り倒産した会社を何社も...

同一労働同一賃金

2016年3月21日

同一労働同一賃金とは⇒仕事の内容が同じ労働者には同じ水準の賃金を払うべきとする考え 最新の週間ダイヤモンドの記事によると安倍首相が今年1月の施政方針演説で、同一労働同一賃金の実現を目指すと演説したとの事です。 僕はこの考えは賛成です。 我々の様な中小ベンチャー企業の場合正社員とか非正規社員とか関係なく、関わってくれる全ての人間が、それぞれの立場で平等な評価基準で評価をうける体制が必要です。 僕は会社が目指す方向と同じ方向をむいてる人なら雇用形態・働き方等は問わず会社に招き入れたいと思います。 今月も残り突き抜けましょう。

フランチャイズビジネス

2016年3月13日

先週水曜日に東京ビックサイトで開催されたフランチャイズショー2016に行ってきました。 弊社のお客様でもフランチャイズビジネスを展開されてるお客様が複数社いらっしゃいます。FC本部のお客様もいらっしゃれば加盟店として事業展開してるお客様もいらっしゃいます。 わたしはFCビジネスの専門家ではありませんが、FCビジネスも経営する上では一つの選択肢だと思います。自社の人員・強み・弱み・市場・社会情勢を冷静に判断すれば、それほど大規模の投資をしなくても十分に利益を確保できる可能性があります。 もちろん必ず成功する訳でも無く、失敗したケースも見てきましたが、私の場合はお客様がそれ以上にFCビジネス...

中小企業で採用してはいけない人とは

2016年2月18日

中小企業で一番採用してはいけない人間は、能力は優秀だけど会社・顧客に対して忠誠心が無い人だと良く言われます。 これはその通りだと思います。 人間性は自己中心的だけど能力が優秀だから採用するというパターンは失敗するケースが多々あります。 会社の目的が生き残る事を前提とした私の会社の採用ポイントは能力ではありません。会社に対してお客様に対して忠誠心を示してくれるかが重要です。 優秀な人間で自分の優秀さを証明したいだけの人間は、顧客満足度を追求できないので駄目です。 良いか悪いかを判断する最終決定権者はお客様です。お客様が満足しなければ駄目なのです。そこを追求し続けられる人間・会社だけが生き残...

ランチェスター戦略

2016年2月14日

最近最も意識してる事がランチェスター戦略です。 ランチェスター戦略に関する書物を読んで勉強になったポイントを纏めてみました。 ランチェスター戦略とはランチェスターの法則という戦争理論がベースになってます。この戦略のポイントは市場シェアです。1位の企業のみが強者。それ以外は全て敗者。 会社の規模関係無しに市場シェアが1位なら強者。上記の理論で言うと弊社は現在敗者です。 では敗者が取る戦略とは。その市場で一番になれる可能性がある領域を探してそこの市場のみで全力で競合よりも質・量ともに優位性を築く事。 当たり前と言えば当たり前ですが、NO1になれる可能性がある・狙える市場を見つけだしそこの分野...

2015年を振り返る

2015年12月31日

今年も残り僅かとなりました。2015年を振り返ってみます。今年特に注力した点 ①金融機関との適切なお付き合い。 法人である以上金融機関から評価を受けて借り入れができないと法人と経営活動していく上でのメリットは出せないと認識しました。まず金利が安い。勿論借入する際に重要なポイントはあります。手元に現金がある状態で借入しないと駄目ですね。当たり前の事ですが、お金を借りる必要がない状態(手元に現金が十分にある状況)である時にこそ借入をしておく事が重要です。借入する際の一般的な適切な指標(現預金・売上に対してこれ位借りるといった指標) がありますので顧問の税理士の先生等に聞くのをお勧めします。 ...