仕事

社長ブログ

2期目を振り返って

2011年9月3日

今日9月3日は弊社の創業した日です。本当に時間が経つのは早いです。あっという間に2年が過ぎ去りました。正にドッグイヤーを体感してます。 会社としては先月をもって会計上まだ手続きは終わってませんが、2期目を終えました。
結果は増収増益で終えました。要因は色々ありますが、主に下記4点が挙げれますかね。 ①自社サービスを成長マーケットでぶつけて勝負に徹してきた事 成熟したレッドオーシャンで勝負しても僕ら規模のベンチャーでは生き残れないと思うし、バリュエーションも全く付かない。そのマーケットで勝負できる自信無いですし笑。 ②営業方針の転換 最大レバレッジを利かせる為の営業手法・体制とは何ぞやとを追...

数字が人格

2011年9月25日

お客さんを待ってる間にちょっと書きます。今日何かの媒体記事で営業は数字が人格だと記載してました。 賛否両論があるとは思いますが、僕もずはりそうだと思います。営業は収益でしか判断しない。収益出した人が必要で出せなかったら残念ながら必要では無い。ただ出せるマーケットとサービスの選定はしますよ。 そんなの嫌だと思うなら勉強して公務員になれば良いと思う。若しくはエリートコースをひた走って重厚長大系の会社に行くとか。後は弁護士とか医師とか。職業選択の自由がありますから。 何故スタートアップのベンチャーで働くのか。何故毎日毎日プレッシャーを受けながら数字を出さなくてはいけないのか。 それは普通じゃ無...

一人当たりの営業利益

2011年10月18日

今大阪です。 ちょっと待ち時間ができたので色々考えてみました。 僕が会社を経営していく上で特に大事にしてる指標があります。
それは会社の一人当たりの売上、営業利益です。 この一人当たりの売上、営業利益があらかじめほぼ決まってしまうビジネス(労働集約型ビジネス)は僕らの会社には合わない。労働集約型ビジネスとは、人の労働力が中心になって業務が行なわれるビジネスで飲食業等のサービス業等を指します。 個人的には労働集約型で勝つには人・資本が必要なケースが多いかと思われます。常に人が稼働してないといけないので。 僕達の会社は自社のwebサービスを中心に展開してますが、webサービスはブレイクすれば労...

労働分配率と生涯年収

2011年10月23日

僕は働くメンバーがやりがいを感じて尚且つ高いリターン得る事ができる会社を目指して経営してます。それも適正水準の労働分配率を維持しながら。 労働分配率とは、付加価値(粗利という認識で良いと思います)に対しての人件費の割合を示す指標です。会社が新たに生み出した価値のうちどれだけ人件費に分配されたかを示す指標です。 労働分配率は人件費を付加価値で割って出せます。業界によって労働分配率の適正水準は変わってきますが、僕達の様なネットサービスや広告を扱ってる会社だと50%位が目安になりますかね。製造業だと30~40%位でしょうか。 どんなに売上があっても利益が上がらなければ意味無いし、それが皆に還元...

2012年度は

2012年1月1日

明けましておめでとうございます。久々のブログの更新になってしまいました。 昨年はこれまでの自分の人生の中でも最もドラマティックで激動な一年となりました。 いや毎年、毎年、年を重ねる毎にドラマティックで激動具合が激しくなってきてるという表現が正しいのかも知れません。 2009年の9月の創業から、現在まで必死にただひたすら生き残るためだけに時間を費やしてきました。この2年3ヶ月間の経験はこれからの僕の人生において大きな大きな財産になるはずです。 特に昨年は、凄い出会いとこれまたもの凄い別れの繰り返し。毎日毎日ひたすら生き残りたいという一時的欲求を感じながら、全てを懸けて、仕事をする日々。 今...

1月を振り返って

2012年2月1日

非常に激しい1月が終わりました。業績は好調。先月は過去最高の売上、利益を残せました。
これは通過点に過ぎないので、もう興味は無いです。 1月はとにかくタフな月でした。個人的には全事業の売上の平均化の為の社内の人員配置、取引先の調整、販路開拓、システムの整備、採用活動等に注力をしました。 結果、採用したかったポジションで採用できたし、システムの整備による業務効率の改善、販路開拓も順調に進んでまずまずだったと思います。 全事業部の売上の平均化はもうちょっと時間がかかりますね。現在は特定の事業だけが突出してる状況。これはこれで嬉しい事ではありますが、ありとあらゆる事業で収益を均等にあげる事を目標...

2012年3月8日

最近、営業社員と先月から入社してくれた社員の成長を感じてます  皆でこのまま突っ走りましょう。みんなにはもっともっと成長して貰って、良い報酬、労働環境等を手にして欲しいですね。 弊社は労働環境も、報酬もパフォーマンスを出せば出すほど水準を上げていきます。 僕にとってインセンティブを払う時って本当に嬉しい時なんです。 しかし、あくまでパフォーマンスを出すのが条件です。そして、パフォーマンスというのは簡単に出せる訳ではありません。野球でいえば、常に打率10割を目指して、日々の練習と自己管理、そして常に打席に立たなければいけない。当然プレッシャーもあります。 このプレッシャーは今までの人生で味...

アイデンティティ

2012年4月24日

今月も残り僅か。弊社は最後の駆け込み状態です。 僕はビジネスパーソンは結局どれ位の稼ぎを得てるか。それが自分のアイデンティティだと思ってます。そこでしか自分を認めれない人間達だと思ってます。 高い報酬というのはお客様へのサービスがハイクオリティで、高いリターンを提供できてるからその分頂けます。普通の報酬というのは、普通のサービスを提供して、普通のリターンを提供してるから普通の報酬な訳です。 ビジネスパーソンもプロスポーツ選手と一緒です。如何に良い成績(サービス・リターンを提供できるか)を出して報酬を高く貰うか。高い報酬が貰えるから、どんな激務であろうとこなせる訳ですし、プレッシャーに耐え...

5月を振り返って

2012年6月4日

おはようございます。今日は天気良いですね。 軽く5月を振り返ってみたいと思います。5月は特に利益率が良かったです。 これは社内で徹底的に追及してる独立採算制度がうまく効き始めた効果なのかな
と思います。 弊社の営業は粗利を毎月出すのは当たり前で、+各サービスの入金までコミットします。僕が会社勤めをしてた時には、数字を出す事のみにとらわれて、正直あまり入金までに気が回りませんでした。そんな事気にする必要が無いキャッシュリッチな会社でしたけど。 以外と土壇場で契約が白紙に戻ったり、入金が無かったりという事が起きるんですよね。そこに対して営業が責任を持てなければ特にスタートアップのフェーズで働く...

6月は

2012年6月29日

今月も明日で最終日となりました。今月は新メンバーが2名(31才元R社出身のマネージャーと24歳の地頭が素晴らしく良い爽やか青年)が入ってきましたが、よく頑張ってくれてます。 今月から営業サイドと企画・技術サイドを完璧に分業しましたが、今のところは良い感じだと思います。やっぱり、企画技術サイドには、当たり前ですが、企画・技術にとことん集中できる環境が必要ですよね。地頭良い爽やか君には企画技術の部門で落ち着いて仕事をして貰いましょう 僕が理想としてる会社のイメージはグーグルと光通信の融合です笑 これ絶対最強だよね 営業サイドは新規開拓・既存顧客のフォローの更なる強化が必要でした。今回は最年長...