野村證券 第2事業法人部

読書記録


この本面白いです。

IMG_20170726_234619-2

 

 

野村證券時代の過酷なノルマの話。

・与えられたノルマは形式的なものに過ぎず、その何倍かを達成するかが本当のノルマ

・与えられたノルマは最低限達成すべき水準の意味でそこから先が本当の闘い。

・ なかなかコミッションが稼げない部下に『今度の給料を貰ったら営業の人たちの人数分だけ熨斗袋を買ってこい。それから給料を均等割して、これまでお世話になりましたと配って回れ』彼は私が言った意味が分かったようで、ボロボロ泣き始めた。 『男がボロボロ泣くもんじゃない。悔しくないのか。その性根を叩き直せ』

またオリンパス事件・逮捕までの話。

・当時のオリンパス会長に新規事業の提案をして、ベンチャー向けのファンド組成に300億の出資を依頼して、承認。その資金をベースにベンチャー企業への投資を行う。20名程採用して、結果オリンパスから受け取った成功報酬と手数料の合計は7年程で約85億。 

300億出資して貰って、成功報酬と手数料で85億って凄いですね。

 

さて7月も残り3営業日。明日も全力疾走しましょう。

 

関連記事

  • 2009年7月4日 がんばりますはNG 最近、読んだ本の中でなる程と気付かされた事がある。著者はソニー生命のエクゼクティブプランナーの林さんという方でタイトルは【1年間の目標を20分で達成する方法】だっとと思う。この方はかなり著名な方で、雑誌のプレジデント何かにも良く出てい […]
  • 2014年9月14日 好き嫌いと経営 【好き嫌いと経営】という本からファーストリテイリングの柳井さんの思考について。「好き嫌い」と経営/東洋経済新報社¥1,728Amazon.co.jp⚫︎大成功するにはブレークスルーしないといけないのだから、管理から成功は生まれない。⚫ […]
  • 2014年9月21日 仮説思考 営業活動をする際に大事な能力の一つが仮説を立てる力だと思います。僕も日々取引先のお客様の営業支援の案件について必死に仮説を立てあの手この手で検証して行動して結果を見てまた次の一手を考えるというサイクルをひたすら回してます。更に勉強する […]
  • 2016年5月13日 盗人にも五分の理を認める。 盗人にも五分の理を認める。これ非常に重要な事ですね。デールカーネギの人を動かすから抜粋です。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※大勢の人を殺した凶悪犯が処刑される際に「自分の身を守っただけの事で、こんな目にあわされるんだ […]
  • 2014年10月29日 虚言癖について 世の中には多種多様の人間がいます。 この本によると病的な嘘をつく人間(虚言癖)=悪い人間というよりは、そういう方はパーソナリティ障害という病気の可能性があるとの事です。 [amazonjs asin="B00N3PNQQO" […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?