逆境での思考~3匹のカエル

気合いを入れたい時


仕事やプライベート全て自分が思った通りの展開ならば、それはそれは気持ちに余裕もあって 恐らく仕事の調子もパフォーマンスもよい事でしょう。皆調子がよい時はみんな調子がよい。

問題は逆境に陥った時の考え方。逆境時の思考次第でビジネスマンとして生き残れるか否かという事になります。

3匹のカエルの話が凄くわかり易い。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

3匹のカエルが牛乳の樽に落ちてしまいました。

1匹目のカエルはこう言いました。《これは神のお告げだ》。そしてあぐらを組んで待ち続けた。結果水没しました。

2匹目 《この樽は深すぎる。助かる見込みはない。》そして水没しました

3匹目 《たとえ牛乳の樽に落ちても、後ろ足を動かす事はできる》

そして力の限り上に向かってとびはねました。何度も何度も後ろ足で牛乳を蹴り続けました。
そしてカエルは自分の後ろ足が固いものにぶつかるのを感じました。

カエルが後ろ足で牛乳をかき混ぜることによって、牛乳はバターに変わったのです。
結果樽からでる事ができました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

仕事をする上で、特に営業職含め管理職は困難・苦難に必ず遭遇する運命です。いつか必ず困難にぶち当たります。逃げる事はできません。

極論もしかしたら死ぬまで苦しみ続けるかもしれません。財産もなくなり、自分を支えてくれる人間が一人もいなくなり、ある日突然信頼してた人間・友人が敵となり競合となる可能性もあります。騙されて借金まみれになるかもしれない。住む家もなくなり漫画喫茶で寝泊り。毎日毎日金の勘定ばかり。携帯代も払えない。食費もどうしよう。

例えそんな状況になっても、最後の最後まで諦めずに営業活動してまた絶対に世の中に価値を提供して対価を得てやるんだという一種の狂った位の思考さえあれば絶対にいつかはビジネスマンとして成功するはずです。

月末本当の本当に今の自分にできる事は無いのか。可能性は全て負い尽くしたのか。最後の最後まで可能性に向かって負い続けれるか。

やってやりましょう。

関連記事

  • 2017年3月19日 中小企業の生き残り方 先月から今月の本日19日の時点までの私個人の営業・商談数が約120件程でした。個人的には最大単月で100営業・商談を目安に日々行動しています。120件の商談・営業を実施すると、売上は必ず上がります。営業活動は追求すればする程面白い。科 […]
  • 2014年4月4日 日本代表長友選手に学ぶ サッカー日本代表長友選手に関する中学時代の記事を読みました。中学時代から精神力が凄い。成功するべくして成功してますね。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※中学3年時の夏の中学総体は市大会で敗退。秋の […]
  • 2014年9月23日 1009回断られる 仕事をする上でビジネスモデル・才能は必要。ただ最も大事な能力は精神力だと思います。ケンタッキー フライドチキンの創業者のカーネルサンダース。彼は65歳で起業。65歳の時にはお金も無く生活補助で生活をしてました。ある時彼は《何か人の為に […]
  • 2017年4月18日 ハングリー精神 東証1部上場企業の丸和運輸機関の和佐見社長のインタビュー記事を拝読しました。12歳の時に母親を助けようと夕方から青果市場で3時間のアルバイト。それから八百屋での勤務を経て車を1台買って引き売りとして独立。店舗を出店してたが、数年後お世 […]
  • 2014年10月31日 先が読めないメリット 先が読めない・不確実・常識では測れない状況だからこそ決断が必要になってきます。 ギリギリの局面を経験した際に適切な決断を下せるか否か。 結局覚悟を決めれるか否か。 常識では考えれない状況に自分を置く・普通では無い状態に自分を設定 […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?