目の前の仕事を愚直に

回想


今日お客様との打ち合わせで駒込に行ってきました。僕がまだ会社勤めをしてた頃は千駄木に住んでまして、良く駒込付近に足を運んでました。お客様との待ち合わせよりちょっと早く到着したので、ちょっと当時の事を回想してました。

サラリーマン時代は仕事で壁にぶちあたった時がありました。実は社会人になってから一度だけ仕事で泣いた事がありました。それは、全くもってふがいない実績しか出せなくて、チーム異動になった時です。

全く自分の力を出せずに、会社に貢献できなく、本当に同じチームの同僚と上司に申し訳無くて、異動を告げられた日の昼間に外出して確か有楽町付近で泣きました。凄く良いチームだったし、心からみんなと一緒に仕事をしていきたいと思ってたので、ただただ泣けてきました。

死んでも死にきれない程悔しくて悔しくて、どうしたものかと考えました。一瞬、もう別の会社に移ろうかなとか考えました。2社程移れる会社があったので、そこにもう移ろうかなとも考えました。

でも当時の熱い先輩がそんな阿保みたいな僕に本気でしかってくれて、早く仕事しろみたいな感じで
言ってくれて救われました。

その後は新しいチームで最高の上司と同僚に恵まれて仕事をする事ができて、僕自身もめちゃくちゃ成長できたし、そして段々自分で自分の可能性を試したい、将来を切り開きたいと思う様になりました。
それから僕はベンチャー企業に移って、更にかけがえの無い経験をする事ができて、起業するに至ります。

ちょっと長くなりましたが、今回僕が言いたい事はこんな感じです。

とにかく、今目の前にある事を一生懸命に、愚直に、本当に全てをかけるつもりで取り組まない限り、
現状は何も変わる事は無いでしょう。自分の可能性も、将来も切り開けません。

会社勤めをしてた時に、最初僕は起業という選択肢はありませんでした。ただ同僚と上司と、お客さんの為にとにかくめちゃくちゃ働く様にしてました。地頭が東大とかに入れる頭でも無く、頭の回転も一度聞いた話を全て完璧に覚えれる様な回転でも無いので、もう数をとにかくこなしまくって、執念というか、絶対にやりきるっていうマインドを持って仕事をしてました。

そうしていく中で、だんだん視点が変わってきて、考え方も変わってきて、僕は起業しか無いと思う様になりました。

僕もウチの会社もまだまだです。もっともっと未来を切り開いていかなければならないです。僕たちには生き延びるという言葉のほうが似合うかなチョキ

みんなで、超熱く仕事していき、自分達の可能性を伸ばしていきましょ~ドキドキ

関連記事

  • 2010年6月12日 あれから一年 最近、かなり慌ただしい日を過ごしておりました。思い返せば本格的に起業しようと思って準備をし始めたのが丁度1年前位の時期でした。自分の未来は自分の手で切り開いていこうと思い準備して、9月に起業。あれから1年。本当に感謝しなくてはいけない […]
  • 2010年8月10日 ふと想う 最近、とある会社の社長の携帯電話が繋がらくなりました。メールも全てエラーメールになってしまう。一日だけならまだしも、もう何日も続く。これは何かあったんじゃないかと心配になりました。何日か経った今日メールが来ました。とにかく今はかなり厳 […]
  • 2015年9月21日 営業を科学的方法で分析する ここ2,3日会社の幹部と会議をし続けて、更に会社が成長する為の課題がはっきり解りました。 課題:徹底的に科学的な方法による会社の営業活動の分析・改善 過去6期目までの会社の方針は各自の自主性を重んじ、能力が高い人間・優秀な […]
  • 2014年10月16日 くれない族 わかってくれない・与えてくれない・かまってくれないという○○をしてくれないという思考の人をくれない族と呼ぶみたいです。 誰かが自分の事に興味・関心を持つ・理解を示す人間など居ないという前提が必要ですね。 先ずは自分自身をよく知る事 […]
  • 2013年11月16日 宗教から経営を考える 昔から思ってる事なのですが、経営するうえで宗教に関する知識は非常に重要だと思います。なので今週は宗教に関する本を読みました。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※■神道日本人固有の民族宗教 […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?