格差をもっと感じよう

仕事


格差。僕は格差は生きる上で、仕事をする上でとても大事な要素だと思っています。

人の何倍も働いて、プレッシャーに耐えながら、価値のあるサービスを提供して手にする対価と、普通に働いてる人が手にする対価と、何にもしてない人が手にする対価が仮に一緒だったら、やってもやらなくても一緒だという事になります。

普通の感覚であれば、こんな事は絶対納得できませんよね。僕は思いっきり格差をつけるべきだと思います。これは会社でも一緒です。もちろん今話題の生活保護等のセーフティネット等は必要です。それはお国に任せましょう。税金払ってますんで。

めちゃくちゃ成果をだしてる人間と、出してない人間が同じ給料とかあり得ない。そこには絶対的に差をつけないといけない。現実を思いっきり知らさないといけない。

差をつけられた人間は、悔しい、何とかしたいという想いを持ちます。そうして行動して実行に移していきます。成果を出した人間は高い報酬を貰って当たり前です。というか貰わないといけない。出せなかった人間は高い報酬が貰えなくて当たり前。

たまたま昨日創業してからこれまでの時間を振り返る機会がありました。本当にがむしゃらに走ってきました。全ての時間を会社の存続にあててきました。ただひたすら売上だけが欲しかった。その為に何でもしてきた。会社に住み込んで本当に24時間体制を取ってきた。

そして3年が経とうしてる今。現時点で1年目からの売上対比で550%増の状況。素晴らしいメンバー達との出会い。みんな想いは一緒。どうせいつかは死ぬんだから、がんがん働いて、成果を残して、自分がいたという証明を残して死にたい。

永遠なんて存在しない。けど、可能な限り永遠を求めて企業活動をしていく。常に矛盾です。矛盾してる世界で生きていくには、矛盾を当たり前だと思わないといけない。だから、無理難題をこなせる。いやこなさないといけない。

先の事は誰も解らない。解らないから楽しい。強い意志と行動と運があればどうにでもできる。何事も自分の気持ちに正直になって、直感を大事に行動して、ニーズがある所に適切なサービスを提供し、ただひたすらめちゃくちゃ働けば、そこには良い未来しか待ち受けてない事だろう。

今週もまた激しくなりそうです。走り抜けましょう。

関連記事

  • 2014年6月7日 日本中の決裁権者様に 先程土曜日にも関わらず営業のアポイントを頂いた会社様と商談してきました。土曜日にアポイント頂ける会社様との相性は抜群に良い我が社勿論我々も土曜日営業活動してますから、自然と同じ価値観である事が双方で確認できます。我々のサービスで既存の […]
  • 2014年1月8日 31歳になって 昨日で31歳になりました。26で起業してから早5年。特に20代はかなりエキサイティングでした。起業した当初うまくいくと思ってた人間は恐らく僕含めて創業メンバーの2人位でしょうw毎月毎月資金ショート起きたら即倒産状態の立上の時から文字通 […]
  • 2014年2月1日 25歳位までの働き方 今日から2月。張り切って営業活動していきましょう。先週クライアントさんとそちらに中途で入社する20代前半の方に会う機会がありました。話をしてて色々感じることがありました。そこでベンチャー企業で営業職として働く予定の若手(20代前半~2 […]
  • 2009年6月18日 独立 近況報告であるが、先月に独立をした。 今年秋頃には会社を登記する予定。 生涯忘れられない事が、独立して直ぐにお客様になって頂いたクライアント様の存在。 本当感動した。 クライアント様の為にも、自分の為にも、社会の為にもき […]
  • 2014年3月18日 人を雇うという事 最近、社長1人で会社を経営してる社長さんに良くお会いします。みなさんおっしゃる事は今後人を採用するか、今後も一人でやっていくかという事。確かに人を採用するという事は大変ですからね。大体みなさん1人株式会社で売上が1000~8000万位 […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?