日本におけるインド人学校

色んな情報


東京都内の西葛西駅にあるインド人学校《グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール》。こちらの学校凄く魅力的です。

授業はインドの教育カリキュラムに沿って進められているとの事。

この学校ではかけ算を学ぶのは幼稚園から。簡単な足し算や引き算も教わる。文部科学省によると、日本の学校で九九を習い始めるのは小2から。理数科目の教育水準が世界的にも高いといわれる日本と比べても「算数の進度はかなり早い。小1では割り算も教わるし、小2では3ケタ同士のかけ算も教わる。

 

また日本の幼稚園年長からITの授業も。最初はキーボードやマウスなどの呼称、機能などを学び始め、校内の実習室で実際にパソコンも操作する。低学年ではパソコンでゲームをしたり、絵を描いたり、図形を作ったり。簡単な操作から徐々に高度な操作に移行し、やがてプログラムの書き込みなどにも挑戦する。週2時限がITの授業に継続的に充てられる。日本の中1のクラスではホームページの作成も。

 

授業は原則、英語で行われるが、生徒は第2、第3外国語も勉強する。フランス語、日本語、ヒンディー語の中から自由に選択する。日本人だと日本語、仏語から選択するケースがほとんど。

 

現在の生徒数は352人で国籍はインドが198人(56%)、日本が129人(37%)。この二大勢力のほか、バングラデシュ4人、パキスタン3人、ネパール3人、フィリピン3人、米国2人、カナダ2人、ロシア2人、韓国2人。

 

同校によると、幼稚園で月額約6万~6.5万円、幼稚園年長から~中3で月額約7万~8.5万円が目安。

国内の一般のインターナショナル・スクールに比べると「半分から3分の1程度の水準」で済むようです。

授業は基本英語ですし、数学の知識もITの知識も付くし学費もインターナショナルスクールより安い。僕が親ならこの学校に子供を通わせたいと思いますね。

 

唯一のデメリットとしてはインド人学校は本来、来日しているインド人の子弟が帰国しても教育面で困らないために開校したものなので校内で話されている英語も、厳密には米国や英国で話されている英語とはアクセントやイントネーションが微妙に異なる点ですかね。

いずれにしても凄く魅力的な学校だと思います。

関連記事

  • 2014年10月26日 隠れ介護問題 日経ビジネスから抜粋。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ NTT東日本の社内に衝撃が走ったのは2013年初頭のことだった。人事部が社員向けに介護をテーマとしたアンケートを実施したところ、驚くべき実態が明らかに […]
  • 2011年7月30日 教育費 いきなりですがちょっと考えてみました。仮に結婚して子供ができたら自分と同じように大学までは行かせるとなると掛る費用はざっとこんな感じらしい。下記の費用は授業料や給食費、積立金・塾や予備校等の平均的な総額との事。 […]
  • 2011年9月23日 フォーブス長者番付を観て さっきアメリカの経済紙のフォーブスが発表した最新の長者番付総資産トップ10ランキングを観ました。1ドルを76円で計算してみます。1位 ビルゲイツ 590億ドル 4兆4840億 2位 ウォーレンバフェット 390億ドル 2兆9640億3 […]
  • 2009年6月30日 天国と地獄 先日、以前勤務してたヘッドハンティング会社の同期の先輩方とお酒を飲む機会があった。当時の中途入社で僕と同じ入社時期の同期はもの凄くレベルが高かった。若くして大手・ベンチャー問わず役職者につき、部下をマネージメントして成果も出して、会社 […]
  • 2011年10月7日 日本社会について 10月の一週目。会社の雰囲気は非常に良い。既存事業が毎月毎月伸び続けてる。やっぱり24時間365日体制が効いてるのかな。人間慣れだね。もうこの仕事のスタイルが慣れてしまって快適すぎる。この2年間ベンチャーを経営してきた上で世の中の構造 […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?