改めて新規開拓営業の重要性を認識

気合いを入れたい時


とある年商30億規模の会社が、1年で20億程の売上になり年間数億円の赤字を出して業績不振に陥り会社都合の人員整理を実施した。

理由としては、年間10億近い取引があった得意先の担当者が辞めて、売上が一気に1億弱まで下がったのが原因だ。

その話を聞いてやはり企業にとって新規開拓営業は絶対的に必要だと再認識した。特に中小零細企業は新規営業を緩めたら未来は無い。

長く取引をして頂けるお客様の為にも、常に新規のお取引先を増やし続ける事が必要不可欠。結果的に既存のお客様に対しても余裕を持って対応する事ができると思う。

引き続き事業活動における一番辛いと言われる新規開拓営業を低価格・明朗会計でご提供し続けます。

2月も残り僅か。走り抜けましょう。

関連記事

  • 2017年7月6日 企業の成長3倍ルール ファーストリテイリング柳井会長の企業の成長3倍ルールとは【すでにある組織や構造、人材などさまざまな成功体験を一度全て否定した上でないと、次のステージに入ってはならない】成功体験は常に否定しないといけない。この言葉正にその通りだと思いま […]
  • 2017年3月19日 中小企業の生き残り方 先月から今月の本日19日の時点までの私個人の営業・商談数が約120件程でした。個人的には最大単月で100営業・商談を目安に日々行動しています。120件の商談・営業を実施すると、売上は必ず上がります。営業活動は追求すればする程面白い。科 […]
  • 2017年3月21日 広島信用組合を見習う 今週の東洋経済の広島信用組合の特集が素晴らしかった。・本業の儲けである実質業務純益が14期連続増益の広島信用組合。・強さの秘訣は地元の中小零細企業に特化した融資業務・貸出金利利回りが3% 多くの信金は2%・融資の決済は実質3日以内・渉 […]
  • 2017年10月19日 決める・やる・逃げない 10月も半ば。相変わらず弊社及び私は毎日数字を追ってます。毎日朝起きたら数字はリセットされる。昨日までの実績は朝起きた瞬間にリセットされます。毎日がゼロからのスタートです。このヒリヒリ感。好きですね。もう2800日以上こんな日々を過ご […]
  • 2017年4月18日 ハングリー精神 東証1部上場企業の丸和運輸機関の和佐見社長のインタビュー記事を拝読しました。12歳の時に母親を助けようと夕方から青果市場で3時間のアルバイト。それから八百屋での勤務を経て車を1台買って引き売りとして独立。店舗を出店してたが、数年後お世 […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?