労働分配率と生涯年収

仕事


僕は働くメンバーがやりがいを感じて尚且つ高いリターン得る事ができる会社を目指して経営してます。それも適正水準の労働分配率を維持しながら。

労働分配率とは、付加価値(粗利という認識で良いと思います)に対しての人件費の割合を示す指標です。会社が新たに生み出した価値のうちどれだけ人件費に分配されたかを示す指標です。

労働分配率は人件費を付加価値で割って出せます。業界によって労働分配率の適正水準は変わってきますが、僕達の様なネットサービスや広告を扱ってる会社だと50%位が目安になりますかね。製造業だと30~40%位でしょうか。

どんなに売上があっても利益が上がらなければ意味無いし、それが皆に還元できない会社なんか
経営してもしょうがないと創業してからずっと思い続けてます。

他にも理由はありますが、働くメンバーに還元できる会社、最高のESを提供できる会社を作りたくて
今の会社を創業した訳ですから。

ただこれは自分で付加価値を出せる人のみで会社を構成してるとの前提です。僕達の会社は誰一人として付加価値を出せない人間は居ません。勿論付加価値を出せるサービスは用意してますよ。その上での話です。

ベンチャーだからこそ付加価値を出せば可能な限り高リターンを取れる様にしないといけない。明日の保証が全く無い状況で、付加価値出してるのに還元が低くてリターンが低い会社だったらやってられない。

リターンとは何?って話ですが、僕は先ずは報酬だと考えてます。

大卒のサラリーマンが38年働いて稼げる生涯年収が平均年収450万で計算したら1億7千万位か。
上場企業だと3億位まで伸びて、総合商社とか放送マスコミとかだと5億位いきます。

今の僕は30年先とか全く想像できない。半年先も予測できない状況です。勿論勝算はあって会社を経営しておりますが。感覚的にはそんな感覚です。

だからこそ僕には短期スパンで5年位、長くても10年間の間でウチの会社のメンバーが最低でも大卒の生涯年収分の1億7千万から最高5億位を手にできる環境とビジネスモデル、報酬体系を提供し続ける義務があります。

何の保証も無い会社に飛び込んで全てを賭けて勝負してる会社のメンバー達。そんな彼らが得られるリターンがそれ位無かったら話にならないと僕は思う。ただ何度も言いますが労働分配率は適正水準を維持していきます。 なので皆が高付加価値を出し続ける必要があります。

だから僕の会社で働くメンバーは僕含めて日々平均的なビジネスマンの方より倍働くし、徹底的に効率・高収益化を図ってそして絶対に成果を出し続けないといけない。

僕達の会社の終わりがいつ来るか解りません。だから働けるウチに働くだけ働く。常に危機感を感じながら、毎日毎日、毎月毎月と結果を出し続けて、最速の成長・成果を求めて生きていく。

これが僕達のスタンスです。

関連記事

  • 2014年6月7日 日本中の決裁権者様に 先程土曜日にも関わらず営業のアポイントを頂いた会社様と商談してきました。土曜日にアポイント頂ける会社様との相性は抜群に良い我が社勿論我々も土曜日営業活動してますから、自然と同じ価値観である事が双方で確認できます。我々のサービスで既存の […]
  • 2014年1月8日 31歳になって 昨日で31歳になりました。26で起業してから早5年。特に20代はかなりエキサイティングでした。起業した当初うまくいくと思ってた人間は恐らく僕含めて創業メンバーの2人位でしょうw毎月毎月資金ショート起きたら即倒産状態の立上の時から文字通 […]
  • 2014年2月1日 25歳位までの働き方 今日から2月。張り切って営業活動していきましょう。先週クライアントさんとそちらに中途で入社する20代前半の方に会う機会がありました。話をしてて色々感じることがありました。そこでベンチャー企業で営業職として働く予定の若手(20代前半~2 […]
  • 2009年6月18日 独立 近況報告であるが、先月に独立をした。 今年秋頃には会社を登記する予定。 生涯忘れられない事が、独立して直ぐにお客様になって頂いたクライアント様の存在。 本当感動した。 クライアント様の為にも、自分の為にも、社会の為にもき […]
  • 2014年3月18日 人を雇うという事 最近、社長1人で会社を経営してる社長さんに良くお会いします。みなさんおっしゃる事は今後人を採用するか、今後も一人でやっていくかという事。確かに人を採用するという事は大変ですからね。大体みなさん1人株式会社で売上が1000~8000万位 […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?