助成金

ビジネスネタ


助成金に関する新聞の記事を読みました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

政府は販路開拓費の3分の2を、50万円を上限に補助する制度を設けた。従業員数が製造業で20人以下、小売りやサービス業などでは5人以下の小規模事業者が対象だ。試作品の開発などに取り組む中小企業に、原則1千万円を上限に補助する制度もある

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

色々な助成金がありますけど、そもそも助成金を貰える前提条件とやらを調べさせました。
条件としてはこんな感じの様です。

【助成金のもらえる條件】
※助成金とは・・・行政から一定の条件を満たす経営者に対して支給されるお金。
国や地方自治体からもらえる【返済不要なお金】
————————————
◆申請を受けるフロー◆
①計画書の提出
②計画の実行
③申請
④助成金の入金
————————————
◆最低要件◆
①雇用保険に加入している事業所であること
厚生労働省管轄の助成金ですので、事業所が雇用保険制度に加入していることが大前提となる。
労働者を一人でも雇い入れた場合には、加入の手続きが必要。

②労働関係帳簿書類(出勤簿、賃金台帳、労働者名簿等)を備えていること
労働関係の帳簿書類をきちんと整備していることが必要となる。
具体的には、出勤簿(タイムカード)、賃金台帳、労働者名簿等を整備し、きちんとした労務管理が重要。

③労働者を解雇したことがないこと
多くの助成金では、【事業主都合で労働者を解雇したことがない】ことが要件となる。
職に就くことが難しい離職者を雇い入れることで助成金を受けることができるという趣旨=事業主都合の解雇”が助成金の支給要件に合致しない

④労働保険料の滞納がないこと
事業を開始して、従業員を雇い入れていても、労働保険料(労災保険・雇用保険)を2年以上支払っていない場合は、助成金の対象にはならない

という事です。何かしら参考になれば幸いです。

関連記事

  • 2014年5月3日 実業団運動部 中小企業で実業団運動部の創設の動きが広がってるとの事です。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※首都圏の中小企業で実業団運動部を創設する動きが広がっている。体力を求められる建設業や接客業では […]
  • 2010年8月25日 プロフェッショナルとアマチュアの違い 今日はプロフェッショナルとアマチュアの違いについての話をしたいと思います。ちょっと長くなります。みなさんはプロとアマチュアは何が違うと思いますか?スキル、お金、まあ色々あると思いますが、僕の考えはプロとは結果のみに責任を負う人達です。 […]
  • 2013年5月7日 JA(全国農業協同組合連合会) GW中に溜ってた週刊ダイヤモンドやら東洋経済やらをまとめて読んでたら農業に関する特集(特にJAに関する特集)が面白かったのでシェアします。最近上場したオイシックスさんを始めとして非常に農業ビジネスは熱そうです。※※※※※※※※※※※※ […]
  • 2014年6月19日 精神疾患に特化した訪問看護 今月も引き続き営業活動に励んでおります。勿論私も営業活動してます。営業活動を辞めたら明るい未来は無いという認識を全社員に徹底的に刷り込みしております。最近訪問看護事業を展開してるお客様の業績が非常に良いとの話を聞いて、訪問看護に興味を […]
  • 2014年1月13日 保険業界激震 週間ダイヤモンドより 先週の日経新聞にも記事がでてましたが今週の週間ダイヤモンドでも特集されてました。その内容とは■金融庁からの通告 保険業法128条に基づく報告徴球命令⇒これまでグレーゾーンながら認められてきた委託型募集人を保険業法違反と明言 ※保険委託 […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?