先が読めないメリット

気合いを入れたい時


先が読めない・不確実・常識では測れない状況だからこそ決断が必要になってきます。

ギリギリの局面を経験した際に適切な決断を下せるか否か。

結局覚悟を決めれるか否か。

常識では考えれない状況に自分を置く・普通では無い状態に自分を設定して初めてこれまでの経験を全て超えた判断を迫られます。

そのタイミングで覚悟を決めて決断して行動に起こせるかどうかで人生が変わる。

先が見えない事に嘆いてる人たくさんいますが、チャンスです。

自分を思いっきり変えるチャンスです。

明日の土曜日から楽しみなプロジェクトを開始します。有志3名でやってやります。

成功するまでやってやります。

 

関連記事

  • 2017年4月18日 ハングリー精神 東証1部上場企業の丸和運輸機関の和佐見社長のインタビュー記事を拝読しました。12歳の時に母親を助けようと夕方から青果市場で3時間のアルバイト。それから八百屋での勤務を経て車を1台買って引き売りとして独立。店舗を出店してたが、数年後お世 […]
  • 2014年9月28日 逆境での思考~3匹のカエル 仕事やプライベート全て自分が思った通りの展開ならば、それはそれは気持ちに余裕もあって 恐らく仕事の調子もパフォーマンスもよい事でしょう。皆調子がよい時はみんな調子がよい。 問題は逆境に陥った時の考え方。逆境時の思考次第でビジネスマン […]
  • 2016年7月18日 中高年層の採用成功 7月も中盤。久々の更新になります。数ヶ月前から営業職で40~50代中盤の方を何名か採用しましたが、これが大当たり。彼らのパフォーマンスには驚いております。元々営業職を経験してる方のみを採用してますが、非常に良いパフォーマンスを出してく […]
  • 2017年5月30日 会社懇親会 先週金曜日に中途入社の2名の歓迎会を兼ねて会社の懇親会を開催しました。中途入社のメンバー達含めて、普段中々話ができないメンバーとも話をしました。10名規模とはいえ様々な考え方の人がいます。僕はダイバーシティ(多様な人材を積極的に活用す […]
  • 2016年9月14日 耐雪梅花麗 耐雪梅花麗(ゆきに たえて ばいか うるわし)これは今話題の広島東洋カープの黒田投手の座右の銘だそうです。意味は梅の花は寒い冬を耐え忍ぶ事で初春になればいちばん麗しく咲くという事で、苦しまずして栄光無しという意味との事です。西郷隆盛が […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?