先が読めないメリット

気合いを入れたい時


先が読めない・不確実・常識では測れない状況だからこそ決断が必要になってきます。

ギリギリの局面を経験した際に適切な決断を下せるか否か。

結局覚悟を決めれるか否か。

常識では考えれない状況に自分を置く・普通では無い状態に自分を設定して初めてこれまでの経験を全て超えた判断を迫られます。

そのタイミングで覚悟を決めて決断して行動に起こせるかどうかで人生が変わる。

先が見えない事に嘆いてる人たくさんいますが、チャンスです。

自分を思いっきり変えるチャンスです。

明日の土曜日から楽しみなプロジェクトを開始します。有志3名でやってやります。

成功するまでやってやります。

 

関連記事

  • 2017年5月30日 会社懇親会 先週金曜日に中途入社の2名の歓迎会を兼ねて会社の懇親会を開催しました。中途入社のメンバー達含めて、普段中々話ができないメンバーとも話をしました。10名規模とはいえ様々な考え方の人がいます。僕はダイバーシティ(多様な人材を積極的に活用す […]
  • 2016年9月14日 耐雪梅花麗 耐雪梅花麗(ゆきに たえて ばいか うるわし)これは今話題の広島東洋カープの黒田投手の座右の銘だそうです。意味は梅の花は寒い冬を耐え忍ぶ事で初春になればいちばん麗しく咲くという事で、苦しまずして栄光無しという意味との事です。西郷隆盛が […]
  • 2017年2月23日 改めて新規開拓営業の重要性を認識 とある年商30億規模の会社が、1年で20億程の売上になり年間数億円の赤字を出して業績不振に陥り会社都合の人員整理を実施した。理由としては、年間10億近い取引があった得意先の担当者が辞めて、売上が一気に1億弱まで下がったのが原因だ。その […]
  • 2017年7月6日 企業の成長3倍ルール ファーストリテイリング柳井会長の企業の成長3倍ルールとは【すでにある組織や構造、人材などさまざまな成功体験を一度全て否定した上でないと、次のステージに入ってはならない】成功体験は常に否定しないといけない。この言葉正にその通りだと思いま […]
  • 2017年3月19日 中小企業の生き残り方 先月から今月の本日19日の時点までの私個人の営業・商談数が約120件程でした。個人的には最大単月で100営業・商談を目安に日々行動しています。120件の商談・営業を実施すると、売上は必ず上がります。営業活動は追求すればする程面白い。科 […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?