保険業界激震 週間ダイヤモンドより

ビジネスネタ


先週の日経新聞にも記事がでてましたが今週の週間ダイヤモンドでも特集されてました。

その内容とは

■金融庁からの通告 保険業法128条に基づく報告徴球命令⇒これまでグレーゾーンながら認められてきた委託型募集人を保険業法違反と明言 

※保険委託型募集人は委任契約によって保険販売を行う代理店の使用人。簡単にいうとフルコミッション営業マン・個人事業主といえます

-基本保険業法では特別な事例を除いて、保険募集の再委託は禁止されているとの事。

-保険を売る事ができるのは保険募集人という資格を持ってる人。

-保険募集人が自らの使用人と位置づけて募集業務を行わせることが認められるのは、法令等に基づき使用人としてふさわしい教育・指導・管理等を受けている者のみであることを明確にすることが適当」。

-その使用人としてこれまでは委託型募集人(フルコミッションの営業)がグレーゾーンで大丈夫だったのがいきなりNG

■日本には委託型使用人が5~6万人いるが少なくとも数千人の雇用の維持が厳しい可能性

-保険ショップ最大手の保険窓口は子会社のライフプラザパートナーズに委託型募集人を約1600人
 
-業界だと損保代理店に所属する委託型使用人を含めれば総勢5~6万人とも

要するに保険代理店で保険を売る人はフルコミッション契約・業務委託の営業マン・個人事業主は駄目で、保険を販売させるには今後は代理店が雇用する社員か、派遣社員等雇用関係が発生してて社会保険等も支払わなくてはいけないという事ですね。

これは非常に調子が良かった乗り合い代理店にとって大変な事になると思います。先ずコストがめちゃくちゃ増えますね。フルコミッションで使ってた人間を固定給発生させて雇用しないといけないので。

週間ダイヤモンドでも2000人の委託型募集人の雇用が維持ができなくなるとの記述があります。
これは期日がタイトで委任型募集人は三月末までに雇用に移行しないといけないらしいです。

また今回の動きの背景に関して記事によると憶測ですが、日本生命の存在がとあります。日生の主力販売は営業職員による訪問販売。委託型募集人は目の上のたんこぶ状態。大手生保4社で構成される各種委員会のうち保険募集に関する業務企画部会は現在日生が仕切ってるとの事。

大手生保さんが、ロビー活動でもしかけて今回の規制に持っていったのでしょうか。あくまで憶測ですが何でもありの世の中ですね。

いずれにしても何が起きるか解らない世の中なので、会社としては販売・提供できるサービスは何通りも用意しておかないと、大変な事がある日いきなり訪れる可能性もあるという教訓を得ました。

関連記事

  • 2014年5月4日 助成金 助成金に関する新聞の記事を読みました。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※政府は販路開拓費の3分の2を、50万円を上限に補助する制度を設けた。従業員数が製造業で20人以下、小売りやサービス業などでは5人以下 […]
  • 2010年8月25日 プロフェッショナルとアマチュアの違い 今日はプロフェッショナルとアマチュアの違いについての話をしたいと思います。ちょっと長くなります。みなさんはプロとアマチュアは何が違うと思いますか?スキル、お金、まあ色々あると思いますが、僕の考えはプロとは結果のみに責任を負う人達です。 […]
  • 2013年5月7日 JA(全国農業協同組合連合会) GW中に溜ってた週刊ダイヤモンドやら東洋経済やらをまとめて読んでたら農業に関する特集(特にJAに関する特集)が面白かったのでシェアします。最近上場したオイシックスさんを始めとして非常に農業ビジネスは熱そうです。※※※※※※※※※※※※ […]
  • 2014年6月19日 精神疾患に特化した訪問看護 今月も引き続き営業活動に励んでおります。勿論私も営業活動してます。営業活動を辞めたら明るい未来は無いという認識を全社員に徹底的に刷り込みしております。最近訪問看護事業を展開してるお客様の業績が非常に良いとの話を聞いて、訪問看護に興味を […]
  • 2014年4月26日 介護施設向けシステム市場 弊社の成果報酬型営業支援の事業部にシステム開発会社さんからの依頼が増えてきました。基幹システムのベンダーさんから流行りのクラウドシステムの開発会社さんと幅が広がってます。そしてシステム会社さんとの話で最近必ず出てくるキーワードが介護シ […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?