シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

読書記録


面白い本に出会いました。

題名;シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事

簡単にポイント纏めてみました。

  • 1日のカロリーの50~70%を正しい種類の脂肪で摂る。
  • 人間の細胞・臓器・脳はどれも脂肪でできてる。
  • 男性の場合1日120~150グラムの脂肪を摂取。
  • 良い脂肪⇒飽和脂肪酸(オリーブオイル・ココナッツオイル・牧草飼育の動物性油)
  • 悪い脂肪⇒多価不飽和油(コーン油・ピーナッツ油等の植物油) がん・メタボに繋がる
  • タンパク質は一日の摂取カロリーの20%まで。タンパク質は消化しにくいせいで過剰摂取すると炎症を起こしうる。
  • 良質なタンパク質は牧草飼育の肉が良い。鳥肉はやや低質なタンパク質なので控えめに食べる。
  • 野菜はたくさん。一日に取るべき野菜の6~11人前。
  • 糖質は排除。
  • 遺伝子組み換え食品は避ける。
  • 小麦は避けるべき穀物。グルテンがよくない。
  • 乳製品も避けるべき。ヨーグルト・チーズ・クリーム等。良質のバターは例外。牧草飼育の牛由来のバターが良い。
  • カロリー制限をすると脳の機能にマイナス効果が出る事がある。
  • 炭水化物を抑えて良質な脂肪とタンパク質・野菜を食べればカロリーは問題無い。(炭水化物は一日茶碗半分程度)
  • 朝コーヒーにココナッツオイルを溶かして飲むと体にも脳にも良い。良質のコーヒ2杯分に無塩バター大さじ2杯まで・ココナッツオイル+大さじ2杯まで)
  • 肉をあぶる・炒めたり・燻製するのは喫煙と同じぐらい身体にダメージを与える。 発がん成分を作り出してタンパク質を損なう。
  • 軽い加熱処理・160度以下で焼く・煮る・ゆでるのが良い。
  • 揚げ物はよくない。
  • 昼・夜2食を6時間以内の感覚で食べる。
  • 睡眠時間は6時間。
  • 30秒走ったら90秒休む・これを15分間。週1回で毎日一時間ジョギングするより心肺機能がよくなる。運動するタイミングは午後1時~2時頃のプチ断食状況の時がベスト。
  • ウエイトトレーニングは週1~3回。10~15分がベスト。

結論:カロリー制限はあまり意味が無く、質が重要。 朝は良質なコーヒ+良質なバター・ココナッツオイルで軽いファスティング状態にして、昼食時に高品質の脂肪・野菜を中心に摂取して夜に少し炭水化物を摂取するという食事の方程式ですかね。

著者はシリコンバレーで成功した際に140キロの体重だったとの事で、それからありとあらゆる説・方法を試してこちらの本に記載した方法を発見したとの事です。体重は50キロ痩せてIQも20上がったとの事です。

僕も去年から朝食を抜くというプチ断食を実施したら10キロ程体重が落ちたのですが、ただ単に体重を落としても意味が無いのでより健康的にそして脳が最大限活性化する様にこの食事方法を可能な限り実践してみようと思います。

 

関連記事

  • 2009年7月4日 がんばりますはNG 最近、読んだ本の中でなる程と気付かされた事がある。著者はソニー生命のエクゼクティブプランナーの林さんという方でタイトルは【1年間の目標を20分で達成する方法】だっとと思う。この方はかなり著名な方で、雑誌のプレジデント何かにも良く出てい […]
  • 2014年9月14日 好き嫌いと経営 【好き嫌いと経営】という本からファーストリテイリングの柳井さんの思考について。「好き嫌い」と経営/東洋経済新報社¥1,728Amazon.co.jp⚫︎大成功するにはブレークスルーしないといけないのだから、管理から成功は生まれない。⚫ […]
  • 2014年9月21日 仮説思考 営業活動をする際に大事な能力の一つが仮説を立てる力だと思います。僕も日々取引先のお客様の営業支援の案件について必死に仮説を立てあの手この手で検証して行動して結果を見てまた次の一手を考えるというサイクルをひたすら回してます。更に勉強する […]
  • 2017年7月23日 ハードワーク エディー・ジョーンズ ラグビーの日本代表の元監督エディ・ジョーンズさんのハードワークという著書。素晴らしい内容でした。エディさんの思考はとにかく素晴らしい。最高の思考ですね。こんな監督の下でトレーニングしたら絶対チームは強くなります。特に響いた内容を纏めて […]
  • 2014年10月29日 虚言癖について 世の中には多種多様の人間がいます。 この本によると病的な嘘をつく人間(虚言癖)=悪い人間というよりは、そういう方はパーソナリティ障害という病気の可能性があるとの事です。 [amazonjs asin="B00N3PNQQO" […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?