エコノミックヒットマン                            

読書記録


エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ/ジョン パーキンス

¥1,890
Amazon.co.jp

最近読んだ本の中で面白かった本。アメリカの外交政策の一部を知るには是非お勧め。まあアメリカは昔から景気が悪くなると戦争起こすよね。そんで戦争初めて、大体当時の政権の権力者が絡んでる会社が戦地行って復興やら警備やらで儲かるようになってる。その辺りのスキームがこの本に良く書いてある。

金融が発達したのはイタリアのルネサンス時代だった気がするが、当時のヨーロッパで頻繁に戦争が起こってて、戦争する国が資金の調達の手段として国債を発行する様になり、そこの発行業務やらブローカー業務やらを殆ど牛耳ってたのがロスチャイルド家でと。国動かせちゃうからね。それでロスチャイルド家はバブちゃって、今に至ると。

昔から戦争とお金は切っても切れない関係だった。だから結局さ、ここでもパレートの法則感じるんだよな。

一方ではお金儲かるからと戦争とかしかけて、一方ではそんな背景は何もしらず、普通に兵隊として戦争行く。

こういう事って今の社会・組織にも良くある話だと思わない?知ってる知らないで大分物の見方変わるし。

まあそういう意味でも、会社勤めてた時代に、上司・先輩達に業界の質問とか時事の質問されて、答えられなかった日には、お前マジやばいよ。知らない事は恥だ。この馬鹿野郎パンチ!  みたいな感じで本気で怒って頂いたのが本当良かったグッド!

関連記事

  • 2009年8月24日 君はなぜ働くか&父親 先週は自分の人生の中で更に新たな段階に進む事が決定した週間であった。建設的な話し合いが出来て、判断する材料が全部出揃ったので、決断に至る事ができた。近日中にご報告をさせて頂ければと思ってる。今日は、何かあると読み返す本の一冊である、ワ […]
  • 2010年10月17日 セレンディピティ 今日の読書は僕にとってはセレンディピティでした。セレンディピティとは偶然の賜物という意味なんですが、間違いなく今日の読書はセレンディピティでした。昨日親知らずを抜いて少し痛みがあるので、今日の日中はおとなしく読書をしようと思ってた時に […]
  • 2009年7月24日 窓と鏡 最近全然本が読めてないので、ちょっと危機感を感じてる。週末に時間を確保するしか無い。最近読んでる本はビジョナリーカンパニー②である。今日は移動中読みながらこれはと思った箇所をお伝えしたい。これは不動産会社のクライアントである社長から「 […]
  • 2010年7月17日 人を動かす お早うございます。この1ヶ月位ですが、改めて人を動かすという重要性を感じております。そんな時はこちらの本をお薦めします。僕はこの本を何度も読み返してます。読むと読まないとでは全然違うし、実践的なケーススタディを勉強できるので腹に落ちや […]
  • 2011年5月14日 逆説の10ケ条 久々のブログになってしまいました。4,5月はかなり怒涛の日々を過ごしております。既存事業は順調に伸びてきております。でも超ド級の成長とは言えないので満足は引続き全くできません。今期残りどれだけ伸ばせるか楽しみです。引続きお客様の満足度 […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?