アイリスオーヤマから学ぶ~東洋経済から

読書記録


今月の東洋経済でアイリスオーヤマの特集が勉強になりました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
アイリスオーヤマ社は従業員2730名、グループ売上高で2,672億円(2013年度)を叩き出してる生活用品のメーカーです。

・アイリスオーヤマの売上に占める新商品(発売3年以内)比率は5割超。

・毎週月曜日の朝10時~夕方6時の間にすべての事業部が新規商品のプレゼンを社長含め
役員の前で行う。激しい質問に答えられなければプレゼン終了。

・1商品あたりのプレゼン時間は5~10分。事前の根回しはいっさい無。

・社長がOKといえば即商品化。

・全ての新商品はこの会議で決定され、新商品の数は1000アイテム。1つの商品を製品化するまで8ヶ月かかるケースも。

・アイリスオーヤマの商品は全て利益率10%。

・単品管理をするので赤字商品はひとつもない

・オンリーワン商品で利益率3割を稼ぐ事もしない。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

感想
●情報共有・意思決定のスピードの重要性 

2000人以上いる会社で毎週月曜日経営陣が新商品・サービスのプレゼンを受けて・新しい何かを掴み商品化に取り組んでるのですから、弊社の場合は毎日新サービスや新商品に関して全員で情報共有・提案・意思決定のサイクルを起こさないと話にならないと認識しました。

●徹底的な数値管理の重要性

アイリスオーヤマの扱ってる商品数は1万5千点以上ですが、全商品、単品管理を行い赤字商品を一つも出さない管理が凄い。

弊社は全社員、個人ごとに損益計算書を作成して経営管理をしており、全社員黒字化が必須という状態にしてますので引き続き徹底的に全社員自分のPLを意識させて行動していけば会社が生き延びる可能性が格段に向上すると再認識しました。

 
5月はゴールデンウィークもありますので、祝日・休日でもしっかり数字が出せるサービス選定・行動計画をたてて、今月残り突っ走りたいと思います。

関連記事

  • 2014年8月7日 アーユーハッピー 8月。今月はどうもドラマチックな月になる予感がしてしょうがない現状の営業部門の進捗具合。世間がお盆休みと夏休みに突入する来週が勝負にはなるけど。諸先輩方に比べたら大した金額では無いが、自分自身の全ての物・資金を投入して勝負してきたこの […]
  • 2014年5月17日 企業変革入門を読んで 今週はこの本を読みました。勉強になったポイントをまとめましたウェルチ、ガースナー、ベスーンに学ぶ […]
  • 2014年5月21日 部下のタイプ 部下のタイプは8つに分けれるとの事です。できる上司は「教え方」がうまい […]
  • 2014年9月21日 仮説思考 営業活動をする際に大事な能力の一つが仮説を立てる力だと思います。僕も日々取引先のお客様の営業支援の案件について必死に仮説を立てあの手この手で検証して行動して結果を見てまた次の一手を考えるというサイクルをひたすら回してます。更に勉強する […]
  • 2014年5月24日 マネージャーの業務範囲 社内で部門やチームのマネージャー職に一言でマネージメントをちゃんとしてくれと指示を出す際に、より具体的に指示を出せればと思いこの本を読んでみました。この1冊ですべてわかる マネジメントの基本/日本実業出版社¥1,728Amazon.c […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?