かもめが翔んだ日

読書記録


リクルート創業者江副さんに関する本はこれまで何冊か読んでましたがこの本は非常に勉強になりました。江副さんの様なゼロから立派な大企業を創りあげる創業者は本当に格好良いです。うーん。それに比べたらわたくしまだまだ力が足りません。とにかく今の会社を更にみんなが活き活きと働ける会社にしたい。弊社にもリクルート出身の社員いますが非常にマネージメントに優れ、ボトムアップがうまく優秀です。 【自ら機会を創りだし、機会によって自らを変えよ】素晴らしい言葉ですね。

「自ら機会を創りだし、機会によって自らを変えよ」を社訓にしてみてはどうかと提案。みんなも賛同して社訓が決まった。

大月インターの手前当たり、ここで思い切ってアクセルを踏み、ハンドルを右に切れば車は40メートル近い谷底に落ちて事故死という事になる。死ぬ時がきたらここにしよう。

「ダイエーが江副さん所有の株式を取得してリクルートに資本参加し、リクルートの会長に中内さんを迎える事がきまりました。長引くであろう不動産不況で、コスモス、FFがいずれ迎えるかもしれない金融危機を回避するためです。」

グループの社長会では本件はやむを得ないことと受けとめられた。中内会長のグループ各社への経営関与に関して私に質問があった。

「中内さんは忙しい方。グループ各社の業績がこれまで順調なら、中内さんが各社に何かを言われることはないだろう」 

グループ各社はほとんどが黒字。私の説明に安心したようだった。閉会が宣言されみんなが席を立つ時RCP社長の鶴岡公が「江副さん、いろいろとご苦労さまでした」と口を真一文字に結び私を見つめた。彼とはリクルート創業時から長年にわたり苦楽を共にしてきた仲。創業から今日までの事が走馬灯のように頭の中をかけめぐった。私は拳を強く握りしめ、溢れる涙をこらえていた。

( 引用: 『かもめが翔んだ日』江副 浩正  )

かもめが翔んだ日/朝日新聞社

¥1,890
Amazon.co.jp

関連記事

  • 2014年8月2日 30歳で400億円の負債を抱えた僕がもう一度起業を決意した理由をよんで 最近この本を読みました。30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由/ダイヤモンド社¥1,620Amazon.co.jp※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※エスグラントコーポレーション […]
  • 2014年5月10日 世界一への方程式 日本電産の永守さんの思考を勉強する為にこの本を読みました。日本電産 […]
  • 2014年5月17日 企業変革入門を読んで 今週はこの本を読みました。勉強になったポイントをまとめましたウェルチ、ガースナー、ベスーンに学ぶ […]
  • 2014年9月14日 好き嫌いと経営 【好き嫌いと経営】という本からファーストリテイリングの柳井さんの思考について。「好き嫌い」と経営/東洋経済新報社¥1,728Amazon.co.jp⚫︎大成功するにはブレークスルーしないといけないのだから、管理から成功は生まれない。⚫ […]
  • 2014年5月21日 部下のタイプ 部下のタイプは8つに分けれるとの事です。できる上司は「教え方」がうまい […]

オルガロの完全成果報酬型営業支援サービスとは?

オルガロの安心信頼の転職支援サービスとは?